デジタル化準備指標

製造デジタル変革戦略の迅速化

ホーム » デジタル化準備指標

デジタル変革フレームワーク

あなたの組織と技術的な準備を見る製造業準備評価ツール

組織の準備状況

DRI の「組織の準備状況」では、デジタル変革に必要な組織的サポート体制が整っているかどうかを調べます。コミットメント、予算、人員配置について評価します。

技術の準備状況

DRI の「技術の準備状況」では、デジタル化プロジェクトの成功に欠かせない技術的要件をチェックします。データ、ポリシー、知識インフラについて評価します。

工場の評価を開始

デジタル化準備指数

Talk to an expert

エキスパートに問い合わせる

閉じる

デジタル化準備状況のゾーン

あなたの施設がデジタル変革戦略をどのようにサポートできるかを特定

主な特徴 達成可能なプロジェクト 主な強化領域
接続ゾーン
  • 機械が関連データを捕捉していない、またはオフラインである
  • データが記録システムに入力されていない、またはクラウド戦略を採用していない
  • オフラインデータに関する洞察力の育成
  • 基本的なデータ可視化の実現
  • デジタル変革の提唱
  • 接続に向けてパートナーと連携
可視化ゾーン
  • 機械にセンサーが搭載され、データを捕捉している
  • データとプロセスの関係に関する専門知識が少ない
  • チェンジマネジメント能力が低い(またはない)
  • グローバルな運用状況ビュー
  • 統計的なプロセス制御
  • パラメータの相関性
  • デジタル製造戦略(データ、テクノロジー、ガバナンス)に関する経営陣、事業部門、IT 部門間でのすり合わせ
  • データとプロセスの関係に関する専門知識の構築
効率性ゾーン
  • 優れた接続技術およびデータ処理能力
  • 知見の獲得およびカスタムアプリケーションの開発能力が低い
  • 機械性能: OEE(総合設備効率)
  • 部品のトレーサビリティ(追跡可能性)
  • 高度な欠陥分析
  • データサイエンス能力育成の迅速化
  • リアルタイムでの対応を可能にするチェンジマネジメント能力の増強
  • データ接続戦略の改善
高度な分析ゾーン
  • 非常に優れた接続技術およびデータ処理能力
  • カスタムアプリケーションの開発能力がある程度ある
  • チェンジマネジメント能力が低いまたは中程度
  • 根本原因を究明するための高度な統計的テクニック
  • 予測分析
  • 拡張可能な分析
  • サードパーティによるプラットフォーム開発
  • 事業部門向けの新しい指標およびインセンティブの開発
  • デジタル戦略に関するサプライヤとのすり合わせ
変革ゾーン
  • 組織全体にわたる優れた包括的技術力
  • 経営幹部が変革を重視
  • 高度なチェンジマネジメント能力
  • システム間分析
  • サプライヤの最適化
  • 生産能力に基づくリアルタイムの価格設定
  • 新規ビジネスモデルのイノベーション
  • サプライチェーンの変革

 

もっと詳しく知る

デジタル変革戦略を実行するため、組織の準備を評価するのに DRI がどう役立つのかご説明します。

デジタル変革を始める準備はできていますか?

AI Manufacturing Digital Readiness Factoryデジタル化を開始するには、組織的なサポート体制が欠かせません。また、適切なITインフラが整っていることも重要です。

デジタル化準備指数(DRI)について

Sight Machine では、フォーチュングローバル 500 にランクインしている製造企業の仕事を手がける中で、デジタル変革を成功させるために不可欠な要素を特定してきました。DRI は、デジタル化を開始する際に重要となる技術的資産と組織的資産の準備状況を明らかにするものです。これに基づいて、工場の優先順位、能力の強化、同業他社とのベンチマークなどのロードマップを決定できます。

DRI ホワイトペーパーを入手

工場の準備状況を評価

Digital Readiness Index